国連:世界ダウン症の日3月21日

https://www.un.org/en/observances/down-syndrome-day

ダウン症

ダウン症は、個人が21番染色体の過剰な部分的(または全体的)コピーを持っている場合に発生します。この症候群が発生する理由はまだわかりませんが、ダウン症は一部の人に起こる状態。ダウン症の人は世界中のすべての地域に存在し、一般的に学習スタイル、身体的特徴、健康などに影響があります。

ヘルスケア、早期介入プログラム、インクルーシブ教育への適切なアクセス、および適切な研究は、個人の成長と発達に不​​可欠です。

2011年12月、総会は3月21日を世界ダウン症の日(A / RES / 66/149)と宣言しました。総会は、2012年から発効し、毎年3月21日に世界ダウン症の日を守ることを決定しました。ダウン症に対する国民の意識を高めるために、総会は、すべての加盟国、国連システムの関連組織、その他の国際機関、および非政府組織や民間部門を含む市民社会に、世界ダウン症を観察するよう呼びかけています。適切な方法で症候群の日。

バックグラウンド

ダウン症の推定発生率は、世界中で1,000人に1人から1,100人に1人の出生です。毎年、約3,000〜5,000人の子供がこの染色体の違いを持って生まれています。

ダウン症の人々の生活の質、精神的および肉体的状態を見てあげて、理学療法、作業療法、言語療法、カウンセリング、またはカウンセリングなどのタイムリーな介入を提供するための医療専門家による定期的な検査を含む、ヘルスケア、そして特別支援教育のニーズを満たすことによってダウン症のない方に近づきます。。ダウン症の人は、親によるケアとサポート、医療指導、およびすべてのレベルでのインクルーシブ教育などのコミュニティベースのサポートシステムを通じて、最適な生活の質を達成できます。これらの援助によりメインストリーム(一般社会)への参加と個人的な可能性の実現が促進されます。

「接続」

世界中の2020年に、私たちは皆、お互いのつながり方を適応させなければなりませんでした。それは大きな挑戦であり、多くの人々が取り残されてきました。しかし、それは接続するための新しい方法を見つける機会でした。これは、COVID-19パンデミックからの前向きな結果である可能性があります。WDSD 2021では、ダウン症のすべての人が他の人と平等につながり、参加できるように、つながりの改善に焦点を当てたいと考えています。

次のことができるように接続します。

  • アイデア、経験、知識を共有し、
  • ダウン症の人の平等な権利を擁護するためにお互いに力を与え、そして
  • 主要な利害関係者に連絡して、前向きな変化をもたらします。

イベントと情報

*翻訳DSIJ百溪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。