ダウン症の人の人権:ニュージーランドダウン症協会発

障害者の人権

ダウン症の人は、障害のない人と同じ人権を持っていますが、多くの場合、その権利のために戦わなければなりません。

時にはそれはほんの些細なことかもしれませんし、助けようとしている人が、実際にはダウン症の人が自分で決断する能力を奪っているのかもしれません.

また、彼らの人権が憲法や法律によって否定されている場合もあります。

このような事態を防ぎ、すべての障害者の権利を保護するために、国連は 2006 年に障害者の権利に関する条約に合意し、ニュージーランドを含む 163 か国が署名しました。

実際、ニュージーランドは大会の主要な原動力であり、ニュージーランド人のドン・マッケイが会議を交渉した委員会の議長でした。

「条約がやろうとしているのは、障害者の権利を詳細に説明し、実施規範を定めることです」とマッケイ氏は述べた。

加盟国は、条約で認められた権利を確保するための政策、法律、および行政措置を策定および実施し、差別を構成する法律、規則、慣習および慣行を廃止する必要があります。

各国はまた、固定観念や偏見と闘い、障害者の能力に対する認識を促進しなければなりません。
各国は、障害のある人が他の人と平等に生きる権利を享受することを保証し、障害のある女性と少女の平等な権利と進歩を確保し、障害のある子供を保護する必要があります。

障害のある子供は平等な権利を有し、意思に反して両親から引き離されてはならない。

各国は、財産を所有し、相続し、財務を管理し、銀行融資、信用、住宅ローンに平等にアクセスできる権利を確保する必要があります。彼らは、他者との平等を基礎として司法へのアクセスを確保し、障害者が自由と安全に対する権利を享受し、不法または恣意的に自由を奪われないようにすることになっています。

各国は、拷問や、残虐、非人道的または品位を傷つける取り扱いや刑罰からの自由を保証しなければなりません。
法律と行政措置は、搾取、暴力、虐待からの自由を保証しなければなりません。虐待の場合。

障害のある人は、プライバシー、家族、家庭、通信、またはコミュニケーションに対して恣意的または違法な干渉を受けるべきではありません。彼らの個人情報、健康情報、リハビリテーション情報のプライバシーは、他の人と同様に保護されなければなりません。

アクセシビリティの基本的な問題について、条約は、障害のある人が環境、交通機関、公共施設とサービス、および情報通信技術にアクセスできるようにすることを各国に義務付けています。

障害のある人は、自立して生活し、地域社会に溶け込み、どこで誰と暮らすかを選択し、家庭内、住居、地域支援サービスにアクセスできなければなりません。

各国は、十分な生活水準と社会的保護を受ける権利を認めています。

各国は、アクセス可能な形式と技術で一般大衆向けの情報を提供することにより、情報へのアクセスを促進する必要があります。

結婚、家族、個人関係に関する差別は撤廃されなければならない。

国家は、初等および中等教育、職業訓練、成人教育、および生涯学習への平等なアクセスを確保する必要があります。教育とは、適切な教材、技術、およびコミュニケーションの形式を採用することです。

障害のある人は、障害に基づく差別を受けることなく、達成可能な最高水準の健康を享受する権利を有します。
各国は、障害者が最大限の自立と能力を達成できるようにしなければなりません。

障害のある人は、働いて生計を立てる平等な権利を持っています。各国は、仕事に関連する問題における差別を禁止する必要があります。
各国は、投票権、選挙に立候補する権利、公職に就く権利を含め、政治的および公的生活への平等な参加を確保する必要があります。
各国は、テレビ番組、映画、演劇、文化資料をアクセシブルな形式で確実に提供することにより、文化生活、レクリエーション、レジャー、スポーツへの参加を促進する必要があります。

条約の実施と監視を確実にするために、各国は政府内にフォーカルポイントを指定し、実施を促進し監視するための国内メカニズムを作成する必要があります。ニュージーランドでは、これは Office for Disability Issues です。

 

国連の障害者の権利に関する条約 – 条文の全文については、ここをクリックしてください。

 

英語の原文はこちらです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。