ダウン症の子を持つ助産師と母親が開花させたダウン症を持つモデル・女優ケネディーさん

医師が施設に入れた方が良いと思っていたダウン症のティーンエイジャーは、現在、成功したモデルとして活躍しています。
 コロラド州出身のケネディ・ガルシアさん(15歳)は米国のトップブランドのモデルとして成功を収めており、州全体のダンスコンテストに出場しています。
母親のレニー(40歳)は、医師にケネディにはQOLがなく、大人になるまでおむつになるだろうとも言われました。医師は、母親のレニーに、彼女が生まれたときに養子縁組のためにケネディをあきらめるようにアドバイスしたのです。
しかし、母親は、娘のケネディを「美しい」と呼び、ダウン症の自分の娘が比較的普通の生活を送ることができたと自分自身の経験を説明した親切な助産師の話を聞いてから、娘の将来をあきらめることを拒否しました。その、15年後、ケネディは「暗い」予測に逆らい、現在、米国のトップブランドのモデル。
そして、ポジティブなティーンは愛さえ見つけて、献身的なボーイフレンドマシューの完全なサポートも得たのです。ケネディのボーイフレンドであるマタイ(19歳)はダウン症を持っていますが、芸術家であり俳優です。
母親のレニーは次のように述べています。「ケネディが生まれた夜、私の子供の将来が本当にどうなるかまったくわからなかった。医師や看護師が描いたネガティブで暗いメージしか与えられていなかったので、彼女がその状態にあることを知って心が痛みました。」
「今、ケネディは彼女の年齢のほとんどの女の子と変わりません。彼女は彼女を愛する多くの友人を持っています、彼女は彼女の髪と化粧をして踊り、歌い、そして実験するのが大好きです。
「彼女は私たちの生活に多くの喜びと笑いをもたらし、世界レベルで活躍するたゴージャスで面白い若い女性に成長しました。」
ケネディはまだ15歳かもしれませんが、アメリカンガール、ジャスティスクロージング、ディズニーなどのブランドと協力して、すでに印象的なモデリングポートフォリオを持っています。

カルシア・ケネディーさんのInstagramを見てみましたか?
https://www.instagram.com/kennedyjean04/
厚労省や産婦人科医会が、金のためにダウン症を持つ命を淘汰させる指導を全妊婦にしてよいわけがない。保健婦さんもそんな悍ましい優生政策に協力をしてはいけない。

*人には様々な可能性があります。それを国家が勝手にレッテルを貼って妊婦を恫喝して中絶に追い込むなど、悪魔の技としか思われません。ケネディ・ガルシアさんのストーリーを読まれて皆さんどう思われましたか?
(百溪訳:原文はhttps://www.thesun.ie/fabulous/5122265/teen-with-downs-syndrome-becomes-a-successful-model-15-years-after-mum-was-told-to-put-her-in-an-institution/)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。