差別的な中絶法をめぐる英国政府に対する画期的な訴訟を却下、ダウン症の女性は戦うことを誓う

PRESS RELEASES  NOV 25, 2022 ハイジ・クロウターさんは、ダウン症の出産までの中絶を認める現在の差別的な中絶法をめぐる英国政府に対する画期的な訴訟の背後にいる女性であり、現在、控訴裁判所の後に最

続きを読む

ダウン症の人の人権:ニュージーランドダウン症協会発

障害者の人権 ダウン症の人は、障害のない人と同じ人権を持っていますが、多くの場合、その権利のために戦わなければなりません。 時にはそれはほんの些細なことかもしれませんし、助けようとしている人が、実際にはダウン症の人が自分

続きを読む

(紹介)「学びと発達の権利」とは? 福祉の国、スウェーデンの特別支援学校事情

「学びと発達の権利」とは? 福祉の国、スウェーデンの特別支援学校事情 サリネンれい子(ジャーナリスト/スウェーデン在住) スウェーデンの教育システム(筆者作成)【時事通信社】  「福祉国家」と言われるスウェーデン。障害を

続きを読む

5.30 土浦でケニアで障がい児と生きる小児科医、公文和子さん活動報告とお話。

以前、つくばダウン症の会にも来ていただいたことのある、ケニアの小児科医、公文和子さん。 ケニアの社会の最も低いところ、ケアの届かないところに置かれている障がい児のために「シロアムの園」を運営し、医療、療育、ご家族のサポー

続きを読む

胎児は発生初期から人間なんです

赤ちゃんの誕生に関する医療を担当するはずの産婦人科医師の集団、産婦人科医会がこれまた私たち国民が安心して暮らせるためのインフラを整える「縁の下の力持ち的存在」と称する厚生労働省と手を結んで、ダウン症の命を胎児期に発見させ

続きを読む
Translate »