ダウン症の息子または娘を持つ:母親と父親からの視点

The American Journal of Medical Genetics – Part A (AJMG)
Having a son or daughter with Down syndrome: Perspectives from mothers and fathers

概要

この研究では、ダウン症(DS)の子供を持つ親に、出生前のカウンセリングセッション中にそのような情報を妊娠中のカップルと共有できるように(参考になるように)、自分の生活についてどのように感じているかを尋ねました

有効で信頼性の高い調査手段が、6つの非営利DS組織のメーリングリストにある4,924世帯に郵送されました。
2,044人の回答者のうち、99%が息子または娘を愛していると報告しました。

97%がそれらを誇りに思っていました。79%は、彼らのおかげで人生に対する見通しがよりポジティブであると感じました。

5%は彼らに恥ずかしい思いをしました。

そして4%はそれらを持っていることを後悔しました。
両親は、DSのない息子または娘の95%がDSの兄弟と良好な関係を持っていると報告しています。

調査した親の圧倒的多数は、DSで子供を産むという彼らの決定に満足していると報告し、彼らの息子と娘が愛と誇りの大きな源であることを示しています。

©2011Wiley‐Liss、Inc。https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full/10.1002/ajmg.a.34293

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。