ダウン症の人の自己認識

 Am J Med Genet Part A  Research Article

Self‐perceptions from people with Down syndrome
ダウン症の人の自己認識

First published: 09 September 2011  https://doi.org/10.1002/ajmg.a.34235

概要

この研究では、12歳以上のダウン症(DS)の人々に自己認識について尋ね、DSの子供たちの新しい妊娠中の親と情報を共有できるようにします。

全国の6つの非営利DS組織のメーリングリストでDSを持つ284人からの有効で信頼できる調査機器を分析しました。

調査対象者の中で、DSを持っている人の99%近くが自分たちの生活に満足していると答え、97%が自分が誰であるかを好きで、96%が自分の外見を好きでした。

DSの99%近くの人が家族への愛情を表明し、97%が兄弟姉妹を好きでした。

DSを持っている人の86%は、簡単に友達を作ることができると感じていましたが、困難を抱えている人は、ほとんどの場合、生活状況を孤立させていました。
わずかな割合の人が
彼らの人生についての悲しみを表した。
私たちの定性分析では、DSを持つ人々は、両親がDSである自分の赤ちゃんを愛することを奨励し、自分たちの生活は良かったと述べました。
彼らはさらに、DSのない人々と同様の希望と夢を共有していることを強調し、医療専門家にそれらを評価するように促しました。

全体として、調査対象のDSを持つ人々の圧倒的多数は、彼らが幸せで充実した生活を送っていることを示しています。

©2011Wiley‐Liss、Inc。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。