ダウン症の人が働く喫茶店・レストラン

喫茶店・カフェ

2015年02月13日 (金) ダウン症の女性がカフェオープン (NHK生活ブログ)
名古屋市の住宅街に多くの人の笑顔に包まれているカフェがあります。ダウン症の女性、「やっちゃん」こと森川靖子さんが(30)長年の夢をかなえて作ったカフェです。やっちゃんがカフェにこめた思いやそれを支える地域の人たちの様子を取材しました。

オランダで大成功「ブラウニーズ・アンド・ダウニーズ」 一方オランダには、類似のコンセプトで、既にビジネスとして大成功を収めている会社がある。ダウン症などの発達障害を持つ従業員が中心となって運営する「ブラウニーズ・アンド・ダウニーズ」という名のカフェレストランで、2010年の第一号店のオープンから8年経った現在、店舗数は国外を含め48にまで増加している。あくまでビジネス ダウン症の店員が運営するカフェが大成功したワケ。オランダのホームページはこちら。

 (AFP News)障害あるスタッフが「喜び」広めるカフェ 仏パリ 2018年4月7日 8:15 発信地:パリ/フランス [ ヨーロッパ フランス ]
フランス・パリの中心部に先ごろオープンしたカフェ「ジョワイユ(Joyeux)」は、よく見かけるようなおしゃれな店構えで、ランチタイムには大勢の客であふれている。だが、この店には他にはない特徴がある。料理人や接客スタッフの多くが通常より染色体を一つ多く持っているのだ。

 フランス各地に続々と店舗をオープンさせているジョワイユでは、ダウン症や自閉症、認知障害がある従業員らが働いている。

「ジョワイユ」は「喜ばしい」という意味で、経営者のヤン・ビュカイユ・ランゼラック(Yann Bucaille Lanzerac)氏は、国内に少なくともあと4店舗開業し、喜びを広めたいと話す。障害がある人々に自らの能力を示し、生計を立てる機会を与えたいという。

 ガーデンカフェ 【やっちゃんち】昭和区八事・興正寺の北の閑静な住宅街に6月 8 日地域交流サロンガーデンカフェ
『やっちゃんち』がオープンしました! 聖霊病院で 40 年以上看護師を勤めた森川さんが3月末で退職し、愛娘のやっちゃん
と店を切り盛りしています。設備の関係で食べ物の提供はありません(持ちこみOK)。コーヒー、紅茶、カフェオレ、オレンジジュース等飲み物(お菓子つき)各 300 円。
やっちゃんの入れるコーヒーはほっとする美味しさ。平屋でステキなお庭つき。ご主人手作りのウッドデッキでお茶を楽しみながら、やっちゃんとおしゃべりしたり、森川さんに愚痴をこぼしたり、まったりとした時間を過ごせます。広いレンタルルームも併設され「滝川学区のたまり場として、地域の人に利用してもらいたい」と話しています。
【やっちゃん】やっちゃんはダウン症で、てきぱきと動いたり、知らない人とのおしゃべりが得意ではありません。でも、笑顔がとても素敵で、ゆっくりとした物腰が周りの人を癒してくれます。

ダウン症の店員のみで運営するカフェが話題 「社会的に何もできない」という偏見をなくすためにトルコ・イスタンブールには、スタッフが全員ダウン症の人というカフェがあります。ダウン症を持つ娘がカフェオープンのきっかけに「Down Café」という名のそのカフェは、イスタンブールのシシュリ地区にあります。彼らが自信をつけ社会的に独立することを目的に、18~25歳のダウン症の人々だけを雇っているとのこと。こちらからも。

 

NPO法人が運営 障害者の親を支援するカフェ
このカフェの客は障害を持つ子どもの親や福祉関係者限定。週2日ほどの営業にも関わらず月平均で120人以上もの人が訪れているんです。運営するのは同じ立場の人を支えようと活動しているNPO法人です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。