茨城県ダウン症協会の有志が厚労省と日本産婦人科医会に署名と意見書を提出

2022年3月25日(金曜日)茨城県ダウン症協会の山中会長と百溪事務局長(DSIJ事務局長兼)が厚労省にchange.orgの署名と意見を提出しました。提出書類の中には海外からの署名やコメントも含めて多くの人々の意見が含まれていました。心強く思いました。ありがとうございました。署名数は642筆でした。

同日、厚労省訪問の後、事務局長が市ヶ谷にある産婦人科医会の事務局に同じ意見書を届けて来ました。年配の事務局長さんが受け取って医者に伝えると話してくれましたが、この問題については全く知りませんでした。

3月28日には駒込にある日本医学会役員室の調査役長門宏子氏に署名と意見書を渡し説明をしてきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。