特捜部Qを見て驚いたかつての北欧の国々の優生政策

5.16 ZOOM学習会みんなで考えよう出生前診断・着床前診断に参加して、スウェーデン在住の方のプレゼンの中に、現在の福祉のあり方が確立する以前に様々な歴史があり、暗黒史もあったことが紹介されました。
ナチスドイツのT4作戦と同様の障害者の隔離や殺人があったようです。

これを聴いていて、デンマークの映画を思い出しました。それは・・・

『特捜部Q カルテ番号64』です。

デンマークで実際にあった、障害者差別、関連する女性の監獄島への隔離、去勢手術などがリアルに描かれていて忘れることはできません。

北欧の福祉の国々と言われている国の人々も、様々なハードルを乗り越えてきたことがわかります。
日本では制度やお上の言うことに意見を言うことをはばかる洗脳教育がなされていますが、歴史を科学的に精密に学び解析しないとよりよい未来は築けないと思います。

現在日本で進んでいる政府による準ますスクリーニングに対してきっちりした問題の指摘と、それに基づく反対を本人や家族理解ある支援者が進めていく必要があると感じました。ぜひご覧ください。(百溪英一)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。