ダウン症のある⼈「幸せに思う」90%以上 (2015年厚労省調査)

2015年に厚労省が行った初の大規模アンケート調査で、ダウン症のある人たちの実情が見えてきた。諏訪中央病院・鎌田實名誉院長が2016年シンポジウムで解説した。

日テレNEWS 2016年10⽉13⽇ https://www.news24.jp/articles/2016/10/13/07343576.html

東京・文京区でダウン症のある人の教育や就労、福祉環境について考えるシンポジウムが行われた。そのアンケートからは、ダウン症のある人たちの実情がみえてきた。

(1) 「毎日幸せに思うことが多い?」

   はい…………71.4%

   ほとんどそう…20.4%

「はい」と「ほとんどそう思う」と答えた人数を合わせると、90%以上にのぼる

 

(2)「仕事をしていて、満足な気持ちがありますか︖」

   はい…………66.0%

   ほとんどそう…21.7%

こちらも、「はい」と「ほとんどそう思う」と答えた人はあわせて90%近くにのぼった。

詳しくは https://www.news24.jp/articles/2016/10/13/07343576.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。