国際ダウン症連合の有料会員からの退会と経過について。

DSIJが国際ダウン症連合(DSI)の有料メンバーから離脱したことの説明。

DSIの前前身であるFIDSの時代に、参加する各国のダウン症の団体に、会費の納入義務はありませんでした。
FIDS の時代にはDSIJの前身JDSNが日本の代表組織として海外対応をすべて担って来ました。

しかし、カナダにあったFIDSの主催者のJo Millesさんの体調が悪くなり、イギリス、ロンドンに事務局を移し、DSIと組織の変更を行った。
ロンドンに本拠地が移ってからのDSIの運営は各国のダウン症関係組織を下部組織のように設定して、会費を徴収するようになった。
DSIJはJDSN解散前に財産を関係組織に寄付することを理事会決定して実施しました。その一環でDSIには50万円の寄付を行いました

その後、この寄付金がDSIの分担金(年会費)として支出されていたようですが、年月がたち、DSIに継続参加をするのであれば会費5万円を支払うようにとの連絡が来ました。

現在のDSIJは会費制をとっておらず、有志からの不定期の寄付金でインターネットでの情報発信や集約のためのレンタルサーバー上で運営してきております。インターネットが国内そして世界中を網羅している現在、事務局のビルや部屋を借りて常勤の職員を配置する必要はなくなったからです。そのためにDSIJとしてはDSIに対しても交流の対象とはしますが、会費を支払って下部組織になっている必要はないと判断して、有償メンバーから離脱しました。イギリスであろうが、どこの国の会であっても親の会という立場は対等ですから。

DSIの事務局の方は、ネットワークを駆使した国際的な連携をすべきだと1997年にスペインのマドリードで開始された主催の世界ダウン症会議で、私は国際インターネットを活用した連携の体制を作るべきだと基調講演で話し、スタンディングウエーブを受けましたが、イギリスの人たちは聞いていなかったのかも知れません。予算をかけてなにかの事業をするときがあれば検討することにすれば良いと思います。
私は国際組織は、いかなる途上国でも平等に参加できる組織でなければいけないと思います。

このことについてご意見があればお寄せください。

(DSIJ事務局 百溪英一)


During the era of FIDS, the predecessor of the DSI, there was no obligation to pay membership fees to participating Down Syndrome organizations in each country.
In the FIDS era, JDSN, the predecessor of DSIJ, was responsible for all overseas support.
However, Jo Milles, the organizer of FIDS in Canada, became ill and moved the secretariat to London, England, and changed the organization with DSI.
After moving to London, DSI’s operations have set up Down Syndrome-related organizations in each country as if they were subordinate organizations, and have begun to collect membership fees.
DSIJ decided to donate property to related organizations before the dissolution of JDSN. As part of this, we donated 500,000 yen to DSI.

After that, it seems that this donation was spent as a DSI contribution (annual membership fee), but as the years went by, we contacted us to pay the membership fee of 50,000 yen if we continue to participate in DSI. Came.

Currently, DSIJ does not have a membership fee system, and it operates on a rental server for information transmission and aggregation on the Internet with irregular donations from volunteers. Now that the Internet covers the country and the world, it is no longer necessary to rent a secretariat building or room for full-time staff. For that reason, DSIJ will also be the target of exchange with DSI, but decided that it is not necessary to pay the membership fee and become a subordinate organization, so I withdrew from the paid member. Whether it’s England or any country, the position of a parent’s association is equal.

The secretariat of the DSI said that international cooperation should be made by making full use of the network. At the World Down Symptoms Conference started in Madrid, Spain in 1997, I will create a system of cooperation using the international Internet. He said in a keynote that it should be, and received a standing wave, but the British may not have heard it. I think you should consider if you have a budget to do something.

国際機関や政府組織、NGO…国際協力に携わる組織にはどんな種類があるの?【高校生なう】|【スタディサプリ進路】高校生に関するニュースを配信

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。