世界ダウン症連合DSI の出生前診断に関する見解

出生前検査に関する私たちの立場

原則の声明

ダウン症インターナショナルは、ダウン症の人々が意味と目的のある生活を送り、地域社会で正当な地位を占める能力を最大化することに尽力しています。これは、インクルージョンと参加、研究、教育、情報の普及とアウトリーチを通じて達成されます。

ダウン症の人は、受動的なケアの受け手ではなく、家族生活や彼らが住む地域社会に積極的に貢献しています。 両親、兄弟、拡大家族からの個人的な証言は、ダウン症の家族がいることはすべての人にプラスの影響を与える可能性があることを示しています。これは、いくつかの独立した調査結果によって裏付けられています。 

ダウン症インターナショナルは、ダウン症自体を解雇の理由とは考えていません。ダウン症の人は有意義な生活を送り、コミュニティの大切で平等なメンバーとして貢献します。

  • DSiは、ダウン症の子供たちの人権と可能性に関する情報に対する女性(またはカップル)の権利を主張し、擁護します。
  • DSiは、政府の方針、関係する専門家、およびすべての家族による出生前スクリーニングと出生前検査の使用に対するバランスの取れた情報に基づくアプローチをサポートしています。
  • DSiは、要求に応じてすべての妊婦が自主的なスクリーニングを利用できるようにする必要があり、検査を受けるかどうかの決定は妊婦(またはカップル)が行うと主張しています。

出生前検査

テスト時には、以下に関する簡単に理解できる最新の情報を提供する必要があります。

  • 出生前スクリーニングと診断検査の違いを明確にする。
  • テストの正確性およびさらなるテストの関連リスク。 
  • 今日の世界および将来の発展におけるダウン症の人々の人生の可能性。
  • 利益と課題を含む家族への影響。
  • コミュニティで利用可能なサポート。
  • それを求めるかもしれない人々のための適切なカウンセリングサービス。

この情報は、倫理的責任を理解している熟練した専門家によって公平な方法で提供されます。同時に、潜在的な親は、ダウン症に関する関連する最新の情報のさらなる情報源に向けられるべきです。

多くの親にとって、ダウン症の発見は最初は圧倒的であることがわかるかもしれません。現時点では、高品質で公平な専門家によるサポートが不可欠です。このサポートは、どのように進めるかについての意思決定プロセスを通して、親がコントロールを維持することを奨励しなければなりません。彼らは、他の関連する情報に基づいた専門家、ダウン症の人の家族、および地方または全国のダウン症組織と相談するオプションを与えられなければなりません。

DSIのオリジナルページ(英文)はこちらからどうぞ。

世界ダウン症連合DSI の出生前診断に関する見解」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。