ジェローム・ルジューンの言葉

「染色体差別は、あらゆる形態の人種差別と同様に恐ろしいものだ。」

21トリソミーを発見し、染色体数が過剰な人間が存在することとそれが知的発達などに影響していることを世界で初めて発見したことで、二度に渡るノーベル賞候補者に挙げられましたが、時の中絶推進者や優生政策推進派の妨害により、ノーベル賞は受けられなかった。しかし、一貫した命の尊重と人間愛により、一生ダウン症の人の人権擁護に尽くしたフランスの医師、ジェローム・ルジューンの言葉です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。